文字の大きさ
 
TOP>FAQ

 

 

 

 

 

 

 

 


 

製鋼スラグ・コンクリート骨材について

Q.スラグとは?
A.金属の製錬に際して、溶けた金属から分離して、浮かぶ「かす」「残渣」という意味があります。

Q.電気炉とは?
A.電気の発熱(3本の電極間で放電し高温熱を発します:1000V 60kA )を利用し スクラップを溶かす炉(装置)です。 - 参考図 -

Q.電気炉酸化スラグとは?
A.電気炉に、スクラップとして集められた鉄を装入し、電気の熱で鉄スクラップを溶かし 不純物を除去するため酸素を吹込み、石灰等を投入し酸化性の流動体を作ります。
そこで、「新しい鉄」と、副産物として「スラグ(電気炉酸化スラグ)」が生成され、スラ グは主に「石灰及び各種酸化物、酸化鉄」が溶けて固まった物です。

Q.電気酸化スラグの特長
A.密度が高い(砂の約1.5倍)。硬いため、すり減り抵抗性が高い。工業製品であり、 品質のばらつきが少ない。

Q.安全ですか?
A.1500℃以上という高温で溶かすので、有機化合物は分解・無害化します。また、 金属類は溶融し鉱物化するので、溶出はほとんどありません。

Q.骨材とは?
A.セメントを混ぜて、コンクリートやモルタルを作る材料で、骨材として砂・砂利・砕石 等があります。

Q.どこに使われていますか?
A.こちらをご参照下さい。

↑メニューに戻る
 

産業廃棄物について

Q.産廃はどんなものでも処理できるのですか?
A.弊社では有機物の産廃の処理はお引き受けできません。
無機物の産廃の処理でお困りでしたら、ぜひ一度ご連絡ください。

Q.処理をお願いしたいのですが、受け入れの条件はどのようなものがありますか?
A.委託品の分析結果の提出をお願いしています。また荷姿や、委託品は持込か引き 取りかの確認などをさせていただいております。

Q.荷姿に条件はありますか?
A.フレコン、バラ積み等基本的にどのような荷姿でも大丈夫ですが、処理物によっては 荷姿の指定をお願いするかもしれません。

Q.特別管理産業廃棄物の処理をお願いしたいのですが、自社運搬での持ち込みはで きますか?
A.特別管理産業廃棄物の運搬には許可が必要です。御社で許可をお持ちでない場合 は、許可を取得している運搬業者への委託が必要となります。
- 弊社収集・運搬許可品目はこちら -

Q..県外からの搬入はできますか?
A.県外搬入届けを官公庁にだす必要があります。また、運搬には排出先と受け入れ先 の県の運搬許可証が必要となります。運搬を自社で行う場合や運搬業者へ委託する場合はこの許可証の確認が必要です。

Q.昔、自社敷地に埋め立てしたもの(焼却灰やダストなど)を土地の売買の際に掘り返 して処理することになったのですが、これは受け入れてもらえるのでしょうか?
A.委託品の分析表を提出していただき、基準以内のものはお引き受けできます。

Q.焼却炉を破棄することになったのですが、処分をお願いできますか?
A.焼却炉内に付着している灰の分析結果を提出していただいて、基準値以内でしたら 処分をお引き受けできます。古い焼却炉ですと、ダイオキシン類がよく検出されます
ので注意が必要です。

↑メニューに戻る
 

医療廃棄物について

Q.医療廃棄物って何?
A.医療廃棄物とは、医療機関等で医療行為に伴って発生した廃棄物のことです。
医療廃棄物の中には、感染性の病気の治療や検査に使用した注射針やガーゼなど 感染のおそれのある感染性廃棄物も含まれています。また、これ以外にも、プラスチ ックボトル、アンプル、バイヤルなども医療廃棄物になります。医療廃棄物は、当初 産業廃棄物として処理されていたのですが、医療廃棄物に関する事故防止のため、 厚生省(当時)は1989年『医療廃棄物処理ガイドライン』を策定し、1992年『廃棄物の 処理及び清掃に関する法律』(廃棄物処理法)を改正、医療廃棄物の管理を強化し ました。

Q.医療廃棄物にはどんなものがありますか?
A.感染性廃棄物 及び非感染性廃棄物に大別されます。
こちらをご覧下さい。 
→感染性廃棄物の判断フロー

※判りにくい場合は一度お電話下さい。

Q.危険な感染性廃棄物をどのように取り扱うのですか。
A.廃棄物に直接触れることのないように、必ず容器に入れて取り扱います。密閉できる 容器、収納しやすい容器、破損しにくい容器を廃棄物の性状に応じて使い分けていく ことが必要です。

Q.不法投棄が心配です。
A.当社は、厚生省(当時)が「医療廃棄物処理ガイドライン」を発表した1989年当初より 実績がございます。法令に則り、マニフェスト(産業廃棄物管理票)により厳重に管理 し責任をもって収集・運搬を行います。 また、中部・関西地区を中心に、複数の信頼のおける処理施設と提携しています。
最終処分におきましては、溶融再資源化、焙焼炉による焼成再資源化など、お客様 のご希望に添えるものをご案内いたします。

Q.電子マニフェストには対応して頂けますか?
A.対応しております。当社提携の処分業者も全て電子マニフェスト対応可能です。
- 詳しくはこちら -

Q.年間処理実績報告書について。
A.排出事業者様よりお預かりした医療廃棄物はすべて弊社データベースに記録されて います。そのため、「年間処理実績報告書」作成の際、お客様ごとの廃棄物データを提供することができます。

↑メニューに戻る
 

製鋼副資材「スターフェック」について

Q.製品納入の最小ロッドはどれくらいですか。
A.最小納入ロッドは、10トンでお願いします。

Q.製品の形状は要望により変更できますか。
A.生産の設備の問題により変更は、ご容赦下さい。

Q.嵩比重とは何ですか。
A.製品の一定の容積に対する重さです。単位はG/CCです。
  これに対して真比重がありますがこれは製品単体の容積に対する重さです。

Q.T-Fe,M-Feは何を示すのですか。
A.T-Feは、製品中の全ての鉄の含有量で、M-Feは、金属鉄のみの含有量です。

Q.製品の納期は、発注してどれくらいですか。
A.最長でも1週間みてもらえれば可能です。在庫あれば即納できます。

Q.保管の安全上の問題点はありませんか。
A.特にありません。

Q.工場の見学は出来ますか。
A.可能です。只安全上最大5名位にしていただければと思っております。

Q.製品の価格変動はありますか。
A.原料の価格変動がありますので最小限の範囲でお願いする事があります。

↑メニューに戻る

 
copyright(c)hosino group