logo
文字の大きさ
 
TOP事業紹介(株)メディスター>感染性廃棄物の判断フロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感染性廃棄物の判断フロー
・環境省通知より抜粋(環廃産発040316001) 公布日:平成16年3月16日

step1
no
step2
no
step3
no
非感染性廃棄物

感染性廃棄物以外で、医療行為伴って発生した廃棄物は「非感染性廃棄物」に分類されます。
(例:点滴バッグ、プラスチックボトル、医療衛生材料の梱包容器・包装紙など)

 

 

 

感染性廃棄物

 

 

(注1) ホルマリン漬臓器等を含む。
(注2) 病原微生物に関連した試験、検査等に使用した培地、実験動物の死体、試験管、シャーレ等
(注3) 医療器材としての注射針、メス、破損したアンプル・バイヤル等
(注4) 感染症法により入院措置が講ぜられる一類、二類感染症、指定感染症及び新感染症の病床
(注5) 医療器材(注射針、メス、ガラスくず等)、ディスポーザブルの医療器材(ピンセッ ト、注射器、
カテーテル類、透析等回路、輸液点滴セット、手袋、血液バッグ、リネン類等)、衛生材料(ガーゼ、
脱脂綿等)、紙おむつ、標本(検体標本)等。なお、インフルエンザ、麻疹、レジオネラ症等の患者の
紙おむつは、血液等が付着していなければ感染性廃棄物ではない。

尚、次の廃棄物も感染性廃棄物と同等の取扱いとする。
・外見上血液と見分けが付かない輸血用血液製剤等
・血液等が付着していない鋭利なもの(破損したガラス製の器具等を含む。)

 

感染性・非感染性のいずれかであるかは、通常はこのフローで判断が可能であるが、このフローで
判断できないものについては、医師等(医師、歯科医師及び獣医師)により、感染のおそれがあると
判断される場合は感染性廃棄物とする。

 
copyright(c)hosino group